『ありがとう。』を伝えるGift・・・❈

『ようやく一人前になって、今までちゃんとお礼をした事がなかったから、
いつか何か感謝の気持ちをプレゼントできたらなぁ。

今は遠くに離れて暮らしているけど、半年後、また帰省するときに渡せたらいいな。

って思っていて
narsa*ちゃんにお願いしたい。』と言って頂きました。

✢いつか恩返しがしたい息子の気持ち
✢そんな風に思ってもらえるお母さんの気持ち
✢そんな風に思ってもらえるおばあちゃんの気持ち

考えるだけで涙が出てきて制作中は想いが溢れてしまい、

何度も泣きながら制作していました。

(あかんあかん見えへん見えへん(+o+)と思いながら)

暖かく制作させてもらいました。

作る前のカウンセリングでは、質問を私から出しました。

1.お母さんとお祖母様の雰囲気はどんな人ですか?
2. お母様とお祖母様は何色が似合いそうですか?
3. ネックレスとピアスとブローチ、髪飾り、何を一番付けていますか?
4. どんな気持ちを込めたいですか?

そんな質問の中、
お母様には、ネックレスを。
お祖母様には、ブローチを。制作することに決定。

イメージをジュエリーに落とし込んで。。。

時間はかかりましたが、大丈夫だよ。ゆっくり創ってね。

と言ってもらい、進行状況を伝えながら感謝でした。

私がいくつか出した質問の答えには、愛が溢れていて、

こんな風に息子に思われていた事を知ったら、泣いちゃうだろうな。
孫にこんな風に思ってもらったら泣いちゃうな。という内容で。

この時の質問の答えは、

完成したジュエリーと共に素敵なメッセージにして、お母様とお祖母様へ。

『ジュエリーに込もる想い。』としてプレゼントしました。

少しだけ許可を頂いたので載せると・・・
✢・❈・✢・❈・✢・❈・✢・❈・✢・❈・✢・❈✢・❈・✢・❈・✢・❈

お母様には、優しさ・ぬくもり

お祖母様には、明るく元気なブルーのお花をイメージ

✢・❈・✢・❈・✢・❈・✢・❈・✢・❈・✢・❈✢・❈・✢・❈・✢・❈

お母様もお祖母様もそれはそれは喜んで下さり感動してくれたようです。

創り手として生きてる意味を感じる瞬間です。

お母様、チャーミングで面白い方で、
お祖母様に『それ、いつか私がもらうからね。笑』って冗談で言われているそうです。

仲良しのお二人が目に浮かびますね。

今の状況だからこそ、身近な人への感謝の気持ちって会うだけじゃない。

って想いますね。

遠くに居ても近くでカタチとして感じてもらえるのがジュエリーの昔からの役割かもしれません。


もうそろそろ、お手紙をお出ししたいなぁ。
Kyotoémail narsa*

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top